英語表記の下に日本語表記があります

My name is Yumi van der Loo Hirao.

I was born in Tokyo in Japan, and I moved to the Netherlands in 2013. I started to study Shodo under Kochiku and Kouchiku Minamisawa ( 南澤古竹先生、南澤紅竹先生) when I was 9 years old in Mizukukikai ( みずくき会 ). I have a licence of SHIHAN (師範)=9dan (段),  and a teaching licence of SHODO by NIHON SHU-JI GAKKAI.

My teachers wanted us to learn SHODO to find out ourselves and enjoy SHODO. They emphasised SHO is not for competition. We learned SHODO very deep without competing with someone else. So I competed with myself with a lot of advice from my teachers.

Of course we do some competition in the book. But I also hope that all of my students enjoy the moment of learning. The result will appear automatically by enjoying SHO and your own growth. If I say ” enjoy “, some people think about “fun”, but actually it is not only fun to learn SHODO. You may find out it will take time to discover what your difficulties and possibilities. But when you over the mountain of the problems, it will make you happy. That’s what I experienced myself, and until now my “result” is… very fine! If you have interest in SHODO, please try and enjoy.

Yumi

はじめまして、由美ファンデルロー平尾です

私は東京で生まれ育ち、2013年に渡蘭しました。9歳でみずくき会に入会、南澤古竹、紅竹先生の下で書道を習い始めました。現在は公益財団法人日本習字学会認定の師範(9段)の免状と、指導者の免許を頂いております。

「書を他人との競争の道具にするのではなく、書道を楽しみ、書道を通して自分自身を発見する事」が方針である先生方のご指導を受け、ゆっくり深く自分自身を掘り下げ、私自身と競争しながら書を学びました。先生方の愛情深く、時には厳しい助言を沢山頂きながら。

もちろん教室では毎月の「競書」という形で、機関誌上での「競争」は有りますが、向上の励みとして楽しんでくれる事を願っています。いかに書を楽しみ、どれだけ成長したのかは自ずと「結果」として表れます。「楽しむ」というと、ただ「嬉しがる、喜ぶ」という風に捉える方が居ますが、正直、書道を学ぶことは「ただ嬉しい事」だけではありません。あなたは「あなた自身の課題や問題」と「可能性」に向き合う事になるでしょう。でも、「問題の山」を乗り越えた時、貴方は「言い表せない幸福感と自信」を強く感じる事になります。私の経験から断言します!私の今に至るまでの「結果」は・・・上々です♪

もしも貴方が書道に興味を持っていらっしゃるなら、ぜひ挑戦してみてください。 お気軽に

由美より

error: Content is protected !!