弘法筆を選ばず

弘法大師は日本書道の祖師の一人と言われています。

「弘法筆を選ばず」とは弘法大師の有名な話の一つ。弘法さんは筆に関わらず、どんな字でも見事に書いてしまうと伝えられ、総じて「名人は道具に左右されない腕を持つ」と言う意味に使われます。

腕の未熟な人程、腕の悪さを道具や他人のせいするので、それを戒める言葉としても良く使われるようです。

私自身、苦い経験があります。

一生忘れない

手先の器用な人は手本を真似るのが上手で、簡単に「上手く掛けてしまう」事が在ります。斯くいう私は「その見本」の様な弟子でした。良く「器用だね~」と、褒めるとも貶すとも取れる言葉を先生から頂いた物です(笑)

成績も順調、同僚にも関心され、自惚れて鼻高々。ある日、先生に添削していただいた際、一度だけ「筆のせい」にしてしまいました。すると先生は「君の筆を持っておいで」と言われ、その筆で目の前で見事に字を書いてくださいました。

その時の恥ずかしさったら・・・一生忘れる事が出来ません

それ以降、二度と道具のせいにしない!と強く誓いを立てました。少々行き過ぎて、先生に指摘されるまで筆を替えず、端の欠けた硯を見かねた先生が自作の硯を下さる始末。(笑)

お陰で今は大抵のお道具で書く事が出来る様になりました。そうなった今、逆にお道具の持つ味や向き不向きに大きく関心を持てるようになりました。

腕を磨くという事は・・・

実際に道具自体の良し悪しは存在します。大量生産で筆先の整わない筆など、筆先を必要としない絵を描いたり、前衛的な書の製作には役立つかも知れません。が、書写や書道の作品作り、書を学ぶ際には向いていないと思います。でも、ただ、それだけの事です。

腕を磨くという事は、多様性を持てるという事なのだと思います。

人は不具合に遭遇すると最初に相手の落ち度を責めたがります。それは自己防衛本能のなせる業なので仕方のない事かも知れません。でも、その不具合を通して自分自身の改善点を見つける事が出来たら、きっと書道を学ぶ上でも、それ以外でも、楽しい事が増えていくと思います。

因みに、「弘法筆を選ばず」の本当の所は、「弘法さんはどの字にどの筆が適しているかを熟知していて、瞬時に筆を選び取り字を書いたので、素人目には筆を選ばないで書ける様に見えていた」という事だとか・・・

高い山の頂から見える景色は、麓からは見えない物ですね(笑)

書初展への作品作り奮闘記

毎年11月頃、次の書初展の手本が届きます。各自がどの手本に挑戦するかを決め、練習し、2月後半開催の展覧会に向け、1月一杯で仕上げるのが通常。

年に一度の書初展は、大きな紙、大きな筆で、大きな字を書くし、一年間の上達振りを自他共に確認できる機会でもあり、皆、楽しみにしています。なので本来はジックリと仕上げたい所です。

ロックダウンの元で

2020年の年末は、厳しいロックダウンの中配送の心配があり、書初め作品は12月に締め切り、日本へ発送しました。

クリスマスシーズンで忙しい上に教室への人数制限もあり、Skypeでのお稽古と教室へ来る人とスケジュールを組み。

2021年は11月頃まで穏やかで、その頃入手した配送情報を元に通常通り1月一杯で仕上げる予定でした。オミクロン株の感染者数は増えていても、実害情報を聞く限りでは、それほど強い制限は入らないだろうと油断していたら・・・予想外にも12月に突然の厳しいロックダウン!年末年始が明けても延長。

「送料は高いけれど1週間位で届くらしい」と聞いていたDHLに電話をかけ確認した所、配送日程は現在一週間から一ヶ月(!)その上送料はPost.nlの約3倍!

確実に2週間で届くなら皆と相談も出来るのですが、どうにも頼りない返事。

その事実を知ったのが2022年1月4日。最初のお稽古は7日の金曜日

難しい決断

皆「じっくり仕上げる事」を楽しみにしているし、私も楽しみにしている。でも「何が最優先か」を吐くほど悩み「展覧会に間に合う事が必須」と判断。心を鬼にし、努めて明るく「今日のレッスンで基本的に書初め作品を仕上げま~す♪」と、年始のお稽古で、生徒さんは伝えられたのでした。

いや~・・・皆さんの「動揺しいてる暇はない!」感の頼もしい事(涙)!!

出展予定の7人は、長い間お稽古に来てくださっている、和蘭みずくき会では熟練の方々。この様な「無理を通そう」と思い切れたのも、その「腕」を「信じられたから」に他ありません。

ピンチをチャンスに

コロナ渦で様々な事が「通常と違う方法」を生み出していますが、今回は「今までに無いスピード作品作り」に挑戦した記念すべき書初め展に成りました。

発送から約半月後、無事、東京の本部に到着したと連絡が入り、漸く食事がおいしくなりました。

書き始める

2022年も始まりましたね、明けましておめでとうございます。

今年はブログも、マメに更新していく予定です。

本年もよろしくお願いいたします。

いつも通りの年越しの様で、どこか「妙に」新しく感じています。

今年は元旦から書のお稽古

書初め展の作品作り

毎年2月に日本習字学会主催の書初展覧会があり、和蘭みずくき会からも生徒さんが参加します。各教室の先生方も審査対象外の賛助作品として出品する事が多く、私も毎年参加しています。

今回は取り掛かるのが遅かったので、自運は諦め、有名な先生の作品を臨書して出品する事にしました。

臨書と自運

「臨書」は、簡単に言えば「コピーする」と言う事です。古典作品や名作を「真摯に真似る」事は、技術面の向上に加え、作者の思いを汲み取る鍛錬になります。「見える物」や「気付く事」が沢山あり、書を学ぶ上では欠かせない鍛錬法です。

「自運」とは自分で創作した字や作品の事です。

自運の作品は「自己満足」で「独りよがり」な字になりがちですが、「臨書」をすることで「自分が求める物」を再確認する事にもつながる、本当に深く、終わりの無い「発見作業」。

同じ、でも違う

以前は毎月競書出品の為に臨書作品を仕上げていたのですが、購読していた機関誌が発行停止してから、すっかり「手習い程度に臨書をする」に留まり、ちょっと怠けてしまっています。

今回の書初展覧会用に選んだのは、その機関誌に掲載されていた作品で、10年以上昔、南澤先生の下で臨書制作をしていた際、先生に作って頂いた「お手本」があります。先ずは「それ」を見ずに「有名な先生」のお手本から直接臨書しましたが、中々気持ちが入ってこない。少々焦っているのもあり、非常に・・・マズイ状態。

何枚か書いて、南澤先生のお手本を並べて眺めて観る。

すると、驚く程「その作品」が分かりました。「心のピントが合う」という感じ。

お手本からは南澤先生の声が聞こえてくる・・・ああ、私は本当に丁寧に育てて頂いたんだなと、何だか泣けてきました。

書は「ただ書く」だけではなく・・・

「書」は魂の深いところに繋がっている様で、「書」を信頼できる人の助けを受けて育てていく事は、ただ「字を学ぶ」のとは違う、深い意味を帯びている事なのだと、先生のご指導を受けられない環境になった今、更に深く感じ入りました。先生に会いたいなあ・・・(涙)

今は人様に指導させていただくのが私のお仕事になり、皆さんと一緒に成長している最中ですが、私も生徒さんの中に「作品の見方」を残せる様な先生になって行きたいな・・・と改めて背筋を正した2022年のお正月でした。

家の本は身に在る

漢詩に関心

7月の一般向け行書のお手本の語句は「家之本在身」(家の本は身に在る)です。

孟子の「民本説」と言う書物からの抜粋の様です。

この書物は「天下国家を統べる立場の者は、民を尊び、民意を得なければならない」と言う主張がベースに流れているそうです。この「民」は一般市民の事では無いようですけどもね(笑)

日本習字学会の一般向けお手本は、漢詩からの抜粋が多く、その度に温故知新を繰り返し、遠い遠い昔の、先達の力強い言葉に考えさせられます。

「家之本在身」

これは「天下の本は国に在り、国の本は家に在り、家の本は身に在る」の節の最後部。君主や政治家の心得として書かれているらしい、この書物の意図とはズレるかも知れませんが、この言葉から受けた私の印象は、現在の世界情勢に於ける「自分の在り方」

世界中が「真実の見えないウイルス」に振り回され、それぞれの真偽を掛けて時には論争になっています。

「人々は天下国家を語りたがるが、その為には先ず、自分自信を振り返れ」

こんな混沌とした時だからこそ、こんな言葉は大切だな・・・と

改めて日本習字学会に感謝しつつ

教室内で出来る様になったお稽古に励みます♪

日本習字学会主催の書初展覧会

毎年恒例の書初展

毎年二月に、日本習字学会主催の書初中央展覧会があります。5年前から毎年出展しております。ようやく2021年度の皆の作品が日本から帰ってきましたので、ご紹介いたします♪

日本には、新年で最初にする行動や物事に「初」を付ける風習があります。 初めて神様に挨拶に行くことを初詣、初めて見た夢は初夢、初めて笑えば初笑い。 「初(はつ)」という字は「初め(そめ)」とも読むことが出来、「書初め」は「新年に初めて筆で書いた」という事になります。

今回は日本への配送を考慮し、みずくき会の書初め作品は12月中に仕上げ、1月早々に発送。 「書初め」と言うより「展示初め」(笑)。 でも年末の忙しい中、皆一生懸命に仕上げました。

写真は2019年の物です

書初め展の開催地は東京上野にある、東京都美術館

毎年2000人を超える人が出展するそうです

2019年

各書道教室ごとに分かれており、みずくき会の作品もしっかり飾ってあります。  日本での搬入搬出は、いつも本部にお任せ。感謝しきりです。

今回は7人出展しました♪

5文字の作品に挑戦する人も居ました。                   徐々に難易度が上がっております

                             

笑門来福 わらうかどにはふくきたる(楷書):皆が仲良く暮らし笑いが絶えない様な家には、自然と幸福が舞い込んでくる。雪月風花 せつげつふうか(行書):四季折々の美しい景色、またそれらから感銘を受けて詩歌を作る様な風流な生活の事。

笑門来福(楷書)、新年好春色 しんねんこうしゅんしょく(草書):良い新年の春景色である。

澄心静慮 ちょうしんせいりょ(草書):心を澄まし、静かに深く物事を考える事。花柳春全盛 かりゅうはるぜんせい(楷書):春の山野の景色。花明らかに、柳みどりに、春は今がまっさかり。雪月風花(行書)

今回は幸子さん(オランダ・左)が「特選」、エルセさん(オランダ・右)が「推薦賞」、そして林立之さん(台湾・中央)が、なんと「東京美術文化協会賞」を受賞♪

皆、平仮名から習い始めて

毎月少しずつ上達して

いつの間にか

立派に楷書・行書・草書の作品を仕上げられるように成っているんだなあ

立之さんにとって漢字は常用とは言え

賞を貰って・・・

私が習っていた時

先生もこんな気持ちだったのかなあ・・・と思いつつ

作品達を眺めては

一人一人の作品制作時を思い出します

皆さん「大変良くできました」♪

浜子屋書道展にて審査員

人生初の審査員

書道家、福井志峰先生の書道教室「浜子屋」の横浜での書道展にて、光栄な事に審査員を務めさせていただきました♪ 彼は音楽でも書道でも大先輩です。

作品の隣に、作品への思いや自己紹介、書道教室での生徒さんの写真などを展示してあり、見る人に作品の背景が伝わる展示方法。とても深い愛情を感じます。

ほぼ半切サイズの作品で「ねこ大好き」とか「敵は本能寺にあり」とか、絵が描いてあったり、字の間に顔が書いてあったり、破れた物を上手にレイアウトして表装されていたり・・・自由でのびのびと書かれている書から、浜子屋教室での笑い声や真剣な書への取り組みが伝わって来て、とても感動しました。

見た人が投票する形で浜子屋賞、その他に志峰先生のご友人や、書家の方々がそれぞれ沢山の賞を選び、私も和蘭みずくき会賞を送らせていただきました。

本当に選べないくらい、元気一杯で、楽しさの伝わってくる作品ばかり。その中から「花鳥風月」を書いた「キザで女の子からディスられてる」らしい祈壱さんの作品に、和蘭みずくき会賞を送らせていただきました。名前の上に書いてある「自然を愛する男」ってのが、もうダメ押し(笑)用紙一杯に風が吹いてるみたいで素敵です♪

作品は全て基本にしっかりと書写・習字を学んでいるのを感じます。自由な発想で、なおかつ人に感動を与えるのは、やはり長い歴史の中で研究され、受け継がれた「基本」を学ぶ事が大事なんだなと、改めて理解を深めるきっかけを頂きました。改めまして、志峰先生、浜子屋書道展の成功、おめでとうございます。素敵な機会を頂き有難うございました。

(左)私、 (中)高小飛先生 (右)福井志峰先生

いつか、和蘭みずくき会でも展覧会をやりたいなあ・・・

四月のお稽古

インターネットと教室と

残念な事に、オランダでは四月もロックダウンが続行される事になりました。みずくき会の四月お稽古も、生徒さん一人が教室内で、他の人はSkypeでというお稽古スタイルも続行です。皆の顔を見ながら出来る、普通のお稽古スタイルが恋しい・・・

幸い、在籍中の生徒さんのほとんどが2年以上の書道経験を持っているので、通常と同じレベルのお稽古が出来ている事を願っています。仮名に関しては、画面上での確認だけでは難しいので、お稽古毎に仮名作品を送って頂き添削しています。

こんな事態の中でも書道のお稽古を続けたいと言ってくれる生徒さん達に感謝し、更にやる氣の出ちゃうお手本作りに精進します♪

error: Content is protected !!